ゼミ合宿で質の高い学びを

普段の環境とは違うゼミ合宿は、集中できる環境を作ることによって質の高い学びを得られます。

屋外合宿と室内合宿

開放的な空気を満喫できる屋外合宿

屋外で行うゼミ合宿は、自然豊かな場所で行われることが多く、開放的な空気のなかで参加メンバー間の親睦を図りたい時に最適です。バーベキューなど食事を共にしたり、テニスなどのスポーツを通して、メンバー同士のコミュニケーションを深めたりすることができます。

専門的な施設などで行う室内合宿

室内で行うゼミ合宿は、専門的な設備が整った施設や、合宿所などで行われます。室内合宿には、敢えて外部からの情報を遮断することによって勉強や研究に集中できるというメリットがあります。そのため、室内合宿は短期間で大きな成果を出したい時におすすめです。

効果的に教育できる

パソコンを操作する人

社内の従業員を教育するにはどうしたら良いでしょうか。日常業務の中で少しずつ教育を行って行く方法もありますが、日頃の仕事だと自分の目先の業務に集中してしまい、どうしても思うように教育が進まないことがあります。酷い場合だと指導の為の予定を立てても十分にできず、中途半端に終わってしまうこともあります。それならばもっと効率よく行うためにゼミ合宿を活用しましょう。教育を行うための特別な時間を設けて一気に行えば、とても効率よく指導を行うことが出来ます。

お互いを深く知れます

スーツの男女

ゼミ合宿の良さは単に効率よく社員を教育できるだけではありません。他に大きなメリットとしてお互いをよく知り合えるということです。日頃の仕事の中だと業務についての話はできますが、それ以上踏み込んだ話をする機会はなかなかありません。ですが、ゼミ合宿は業務以外にも、もっと話を出来る機会がたくさんあります。お互いの事をより深く知ることが出来れば、信頼関係を深めることが出来ます。今後の事も考えると精神的な信頼関係が出来るのは大切です。

費用がどのぐらいかかるか

握手

ゼミ合宿を行う際に一番気にすることはもちろん費用がどのぐらいかかるかです。支払う費用も内容によって大きく変わってきます。遠方の場所を借りるだけならばいくらもしませんが、専門の講師を付けたりすれば、価格は大きく変動してきます。また、食事の内容や何かほかにもレクリエーションをするといったことも考慮していく必要があるでしょう。まず初めに、何をすれば最も費用対効果が高くなるのか十分に検討していくことが大切です。

時期は大切

仕事

ゼミ合宿を行うにあたって忘れてはならないのは行う時期です。業務を行っていると忙しい時期と、時間の取りやすい時期があります。もしも忙しい時期にこうしたものを入れてしまうと、社内から批判を受ける可能性があります。そうして、低いモチベーションの中で行っても十分な効果を得られず終わってしまいます。きちんと参加者の予定を考えて日程を組みましょう。